とりあえず焼酎!

晩酌はいつも焼酎。 楽しく飲む焼酎が一番うまいんです・・・ほどほどにね。

倉津(くらつ)

今回も鹿児島の焼酎。
しかも前回の「阿久根」に続いて鹿児島酒造の焼酎です。

芋焼酎「倉津」25度。

kuratu1 kuratu2


ラベルと手頃な価格に興味を引かれて購入しました。
たまたま選んだ焼酎がまたもや鹿児島酒造という偶然。


ラベルに書いてある「NK(ニュークロ)菌」は黒麹の中でも代表的なものらしいです。
「純黒」、「佐藤」、「黒霧島」、「吉兆宝山」、「萬膳」、「莫祢氏」等でも使用されているそうです。
麹が同じでも焼酎の味はそれぞれなんでしょう。

さて「倉津」の味は、

同じ鹿児島酒造でも前回飲んだ新酒の「阿久根」とはやはり違う風味。(当たり前か)

なかなか「濃い」ですね。深い味わいと言うんですかね。
度数が違いますが、同じNK菌を使ってる「黒霧島」(20度)とはやっぱり風味は違うと思います。
(飲み慣れてる「黒霧島」は味を大体覚えているので何となく比較できる)

最近は意識してお手頃値段の焼酎を試していますが、自分には文句なく旨く感じております。

三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)、
蔵・酒屋さんが儲かる、お客さんも安くてうれしい、旨い焼酎は地元の評判も良くなって地域貢献になる。

そんな焼酎が増えると焼酎飲みの自分にはうれしいです。





ラベルより

鹿児島酒造株式会社 阿久根工場

鹿児島県阿久根市栄町130番地
TEL0996-72-0585


HP http://www.kagoshimasyuzou.jp/



1升瓶 2,100円で購入。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/28(金) |
  2. 倉津(くらつ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「阿久根」終わり

春一番が吹いた後はまた寒くなる日があるそうです。
しばらく暖かい日が続いていたんですが、今日は寒かったです。
我が家の温度計でも2℃を記録しました。

今の時期は色々と調整が難しいです。
ストーブの灯油をいつ頃までに使い切ろうか、ホットカーペットを片付けようか、冬物の服を押入れにしまって春物を出そうか(我が家は狭いのでこういうことをしないと片付かない)、・・・等々。
また寒くなったので、来週まで様子を見とこうかとは思いますが。


最近はこういう物を飲みました。

smallwine1 smallwine2

頂き物です。飲み切りサイズで売ってるんでしょうかね~。
ストローが付いていたのには少々違和感がありましたが、せっかく付いていたのでストローでワインを頂きました。
まーまー旨かったと思います。
でもストローだとあまりワインを飲んでる雰囲気が出ません。


芋焼酎「阿久根 新酒限定無濾過」25度、飲み終わりました。
お勧めのロックでも飲んでみました。
季節もあると思いますが、自分はどちらかというとお湯割りの方が合ってました。



我が家近辺では桜もいい具合に開花しております。
桜のある広場ではバーベキューをしている人達が沢山いました。
来週末から見頃(飲み頃)でしょうかね~。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/22(土) |
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

阿久根(あくね) 新酒限定無濾過

久し振りに鹿児島の焼酎を飲みます。
しかも新酒。

芋焼酎「阿久根」25度。

akune1 akune2 akune3

タイ産米ですな。
自分が買う焼酎はこれが多いような気がします。
(そこに目が行って記憶に残ってるだけかも)


お~、久しぶりに新酒っぽい新酒で旨いです。
やっぱり新酒はこうでなくちゃ!という感じでしょうか。

裏ラベルを見るとロックでもいけるんですね。
半分以上飲んでますが、ほぼお湯割りで飲んでおります。

造り方が色々あって風味もそれぞれ違うんでしょうけど、「タイ産米」の焼酎は自分に合ってるような気がします。





ラベルより

鹿児島酒造株式会社 阿久根工場
鹿児島県阿久根市栄町130番地
TEL0996-72-0585


HP http://www.kagoshimasyuzou.jp/



1升瓶 2,200円で購入。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/18(火) |
  2. 阿久根(あくね)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「日向あくがれ むろか」終わり

本日13日は九州南部で春一番が吹いたそうです。
少~しずつ暖かくなっています。

最近は焼酎の記録ばかり書いていましたが、色々と忙しかったんです。
仕事ではなくプライベートが・・・。


昨年は出雲大社で60年に一度の大遷宮が行われましたが、宮崎県でも「60年に一度」があるんです。
毎年行われている美郷(みさと)町の宇納間(うなま)地蔵大祭。
今年は宇納間地蔵尊の御開帳の年、何と60年に一度の御開帳なんです。

unama1 unama2

今年行かないと次は厳しいと思い、家族皆で行きました。
残念ながら撮影禁止だったので、写真はありません。
しっかりと地蔵尊の姿を見てから拝みました。

365段の階段を登った所には鐘があって、皆並んで鐘をついていたので我が家も一人一人つかせてもらいました。
気持ち良かったです。

unama3

せっかくなのであちこち見て回ろうと思ったんですが、山間部は宮崎でも雪が積もっていて、ノーマルタイヤの車では進めませんでした。

unama4




美郷町はやや宮崎県の北部、次は南部の日南(にちなん)市、飫肥(おび)に遊びに行きました。
観光地だけあって、自動販売機も一味違います。

obi1

飫肥城址を散策するといい気持ちになりますね~。
パワーを沢山もらいました。

obi2 obi3 obi4

日南市は焼酎が沢山あるんですが、残念ながら時間が無かったので、何も買えませんでした。





今年は父が77才になります。
自分は3人姉弟なんですが、昨年からそれとなく姉弟で喜寿祝いをしようという話をしていました。
それから(姉が)綿密な計画を立てて、今月喜寿祝いをしました。
最近はめったに勢揃いすることが無かった3家族。
全員揃って13人、楽しい飲み会になりました。
いい写真が無かったので、料理の一部だけ。↓

kiju

会場の居酒屋さんは持ち込みOKということだったので、我が家から芋焼酎「甕雫」、
段取りしていない方の家族から日本酒(名前忘れた)の提供がありました。
父以外はあまり飲まない人達なので、飲みやすくて好評の「甕雫」にしたんですが、今回はかなり飲んでましたね~。
日本酒は自分には少し甘かったですけど、とてもフルーティーで旨かったです。





(プライベートで)忙しい日々を過ごしながら、芋焼酎「日向あくがれ むろか」27度、飲み終わりました。
ストレートを少し飲んで、お湯割りを飲んで、という感じで頂きました。


最近酒屋さんに行った時、試飲用の焼酎を頂いたんです。
芋焼酎「加江田」25度。

kaedamurasakiimo

最近は試飲用でもガラスの瓶なんでしょうかね。
何かに使えそうなので捨てずにとっています。
紫芋そのものだな~という感じの焼酎でしたね~。
同じ芋焼酎でも「日向あくがれ むろか」とは全く違う味わいです。


それと、梅酒を購入して飲みました。
「うぐいすとまり 鶯とろ(おうとろ)」12度。

outoro1 outoro2

すっかり記憶から飛んでたんですが、もしかしてと思って確認した所、・・・ありましたね~。
芋人さんのブログに。
これはほんとに旨かった。
嫁様大絶賛です。
自分も嫁様もアルコールは甘いのが苦手なので、甘過ぎないこの梅酒はピタリとはまりました。


体調は良くも悪くもなく、飲むペースはいいペースだと思います。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/13(木) |
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日向あくがれ むろか

芋焼酎「御幣」を飲み終わり、次の焼酎へ。

芋焼酎「日向あくがれ むろか」27度。

akugare1 akugare2

この焼酎の蔵、富乃露酒造は宮崎県の日向市にあります。
そちら方面にドライブに行きまして、ふらっと酒屋さんに立ち寄った所、見たことの無い焼酎が結構あったんです。
じろじろと観察して、迷った末に買った1本がこの焼酎。


「日本酒で用いられる酵母を使用」と書いてます。
「BY24」というのは日本酒で使われる言葉だと思うんですが。
調べた所、「醸造年度」といって平成24年7月から平成25年6月に醸造されたものようです。
これって焼酎も同じだろうか?
同じだとするとこれは1年前の新酒ということでしょうかね。
(間違ってたらごめんなさい)


ま~、自分はとりあえず飲めたらいいので、飲んでみましょう。

前回飲んだ「御幣」もそうでしたが、この焼酎も無濾過って感じはないです。
しかも新酒って感じもそこまでないような気がするんですが(1年前の焼酎だから?)・・・、こいつはまさに日本酒酵母で造ったんだなと感じました。
(ラベルを見て飲んだので先入観ありありです)
裏ラベルにも書いてますが「上品な味わい」という感想がピタリと当てはまりました。
まさに上品、この焼酎も「御幣」と同様、ストレートが旨いです。
(お湯割りでももちろん旨い)



ラベルより

株式会社 富乃露酒造店

宮崎県日向市東郷町山陰辛212-1
電話0982-68-3550


HP http://www.tominotsuyu.jp/



1升瓶 2,900円で購入。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/04(火) |
  2. 日向あくがれ(ひゅうがあくがれ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2Ad