とりあえず焼酎!

晩酌はいつも焼酎。 楽しく飲む焼酎が一番うまいんです・・・ほどほどにね。

単式蒸留と連続式蒸留

インターネットで調べると沢山出てきますが、自分なりに簡単にまとめてみます。
詳しく書くと、ものすごく長くなりそうですから。

まず、蒸留とは?
「液体を熱して蒸気にし、それを冷やして再び液体にすること。」
大昔、学校で習ったような気がします。焼酎飲み過ぎて忘れてますが・・・。

単式蒸留焼酎とは、単式蒸留機というもので蒸留した焼酎だそうです。
単式蒸留焼酎が昔の焼酎乙類ということで、自分がいつも飲んでる焼酎です。
法律(酒税法)で45度以下と決まってるみたいです。
ふ~ん φ(..)メモメモ

焼酎乙類の中で一定の条件を満たしたものを本格焼酎というんだそうです。
(添加物を加えない、水以外を加えない等。詳しくは調べて下さい m(__)m )
へぇ~~ ( ..)φメモメモ

単式蒸留の方法には「常圧蒸留」と「減圧蒸留」というのがあって、
その方法によって「風味」、「香り」等が違ってくるらしい。
(詳しくは調べて下さい m(__)m )
ほぉ~~ φ(..)メモメモ


連続式蒸留焼酎とは、連続式蒸留機というもので蒸留した焼酎で、
焼酎甲類(36度未満)のことだそうです。


以上、簡単ですが、まとめて見ました。
機会があれば、ピンポイントで詳しく調べてみたいと思います。


テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/11/19(木) |
  2. 単式蒸留と連続式蒸留
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad