とりあえず焼酎!

晩酌はいつも焼酎。 楽しく飲む焼酎が一番うまいんです・・・ほどほどにね。

小鹿(こじか)No.610

ぐずついた天気が続いていて日中は少し寒いですが、晴れ間が見えると暖かい。
通勤の途中では桜がきれいに咲いている所も見られました。
今年も花見のシーズンがやってきましたね~。
ブログを始めて6回目ですか・・・、早いものです。
息子も来月から中学3年生。
ついに受験生です。
今から受験生とか考えてるようじゃ遅いんでしょうかね。
中学3年生としての自覚は出てきている様なので、これから充実した中学生活を送ってくれることでしょう。
自分も息子と同様にさらに成長していこうと思います。
今年も花見を計画しないといけません。



芋焼酎「風の番人」を飲み終わって、次の焼酎は、

kozikaararoka1 kozikaararoka2


芋焼酎「小鹿」No.610、25度。

名前は「610」でいいんでしょうかね。
裏ラベルを見るとそれで良さそうな気がするのでそういうことにしておこう。

久し振りに行き当たりばったりで初めての酒屋さんに立ち寄りました。
店内をぐるっと見て回って目についたのがこの焼酎。
店に並べたばかりらしくて値段も書いてなかったんですが、買うつもりで一応は確認しました。
「小鹿」だからそんなに高くはないだろうという先入観があったけど、やはり想定内のお値段でした。


「荒濾過」と「無濾過」の違いというのが良く分かりません。
無濾過は全く濾過しないということは無いと思ってるんですが・・・、荒濾過は無濾過よりは濾過してるのか・・・、それとも言葉の違いだけなんでしょうかね~。
ネットで調べてみたけど、よく分からんのでこの疑問点は置いといて・・・。

「小鹿610」、荒濾過と書いてあるようにストレートで飲むとなかなか荒々しい(ような気がしました)。
自分は書いてある言葉に騙されやすいのが玉にキズです。

お湯割りにするとさらに風味豊かになって旨くなりました。

「610」というのはタンクの番号なんですね。
少し前に飲んだ「甕壺35号」みたいなネーミング。
タンク、壺によっても個性が出てくるんでしょうかね~。
なかなか興味深いです。



ラベルより
小鹿酒造株式会社
鹿児島県鹿屋市吾平町上名7312



HP http://www.shochu-kojika.jp/



5合(900mL) 1,277円で購入。





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


※当ブログの感想はあくまでも味にうるさくない一個人の感想です。

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2015/03/16(月) |
  2. 小鹿(こじか)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

小鹿(こじか)

芋焼酎 小鹿(こじか) 25度

小鹿1 小鹿2 小鹿3

鹿児島県の大隅地方に住んでる方から教えてもらいました。

宮崎県だと「霧島」(きりしま)とか「木挽」(こびき)みたいな感じでしょうか。
地元でよく飲まれてる焼酎らしいです。

「安くてうまい」
自分おすすめ焼酎の1本です。

地元に愛される焼酎というのは、クセになってしまうんでしょうかね。


ラベルより

小鹿酒造株式会社
鹿児島県鹿屋市五平町上名7312
TEL0994-58-7171

HP  http://www.shochu-kojika.jp/





ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリック、応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/05/22(日) |
  2. 小鹿(こじか)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad